before
before
before

*AB美容外科のリアルモデル

  1. Home
  2. 鼻の再手術

鼻の再手術、お悩みですか?

鼻先のたるみ、満足できない鼻ライン、手術後に曲がった鼻、変わらない団子鼻、変わらないわし鼻手術後に皮膚が薄くなった獅子鼻

再手術はより慎重に

患者さんの皮膚の状態をみて、皮膚さえよく伸びるのであれば再手術はそれほど難しくなく進められます。再手術をしたときの副作用や危険性を判断するために、より正確な診断と検査を通じて手術方法や患者さんが望む形を医師と一緒に決定します。

banner
鼻の再手術

鼻の再手術

確な失敗原因を分析し、患者が望む形に

手術情報

鼻の再手術

こんな方にオススメ
  1. 1. 小鼻が平べったい形をしていて鼻が低く見える方
  2. 2. 鼻先の皮膚が厚く皮下組織と脂肪が豊富な方
  3. 3. 鼻翼軟骨が厚すぎて大きい方
  4. 4. 小鼻縮小をしてシャープな鼻に変えたい方
手術時間
:
30分
麻酔方法
:
部分/睡眠麻酔
通院治療
:
2~3回
回復期間
:
7日

鼻の再手術方法

AB美容外科の鼻再手術の方法についてご説明します。

ケース 01

AB Plastic Surgery

プロテーゼが動く場合
手で触ったときにプロテーゼが動く場合、シリコンを抜いてから骨と骨膜の間の正確な空間に再配置させるか、ゴアテックスに交換します。

ケース 02

Sergery Method 02

炎症が生じた場合
鼻の手術後に炎症が起こったら、すぐに病院を訪問して診断を受け、抗生物質注射で炎症を鎮めます。炎症反応がひどい場合、手術によってプロテーゼと炎症を取り除いた後、再手術を行います。

ケース 03

AB Plastic Surgery

プロテーゼが透けて見える場合
鼻の手術後に皮膚が薄くなり、プロテーゼが透けて見える場合は、1回目の鼻整形時に入れたプロテーゼを抜いて、他の材料に交換するかプロテーゼに人工真皮を被せて改善させます。

ケース 04

AB Plastic Surgery

鼻の穴の形が変わった場合
鼻の手術後に鼻の穴の形が変わった場合、翼軟骨を再配置するか、鼻中隔を直したり、皮膚移植で鼻翼を下げる方法などで矯正できます。

鼻の整形ビフォーアフター

AB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic Surgery
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage

手術部位

切開目つき矯正 / 目頭切開(目上切開)手術 / 目尻切開手術 / 垂れ目形成 / 目の下の脂肪 / 肪移植 / 鼻の整形 [骨切り術 / 団子鼻] / 小鼻縮小 2か月後

の安全システム

多様な安全管理体系の構築を通じて、
患者さんはより安全に手術を受けることができます。

SafetyImage

麻酔痛症医学科専門医が常駐

麻酔科専門医が手術中に患者さんをリアルタイムでモニタリングし、中央モニタリングシステムを通じて二度、三度チェックを行います。.

SafetyImage

麻酔中のリアルタイムモニタリング

手術前、中、後など手術の全過程を専任麻酔科専門医と一緒にリアルタイムで管理します。

SafetyImage

手術前の安心検診

安全な手術のために病院内の検査システムを構築しました。これにより、総合的な手術前検査を行うことができます。

SafetyImage

大学病院レベルの安全装備

様々な安全管理システムによって、患者さんが安心して手術を受けられるようにしています。

診療時間
  • 平日AM 10:00 ~ PM 7:00
  • 土曜日AM 10:00 ~ PM 5:00
  • 夜間AM 10:00 ~ PM 09:00 (金曜日)

*日曜日と祝日は休診です。

直通電話

+82. 10.2833.1298

AB美容外科韓国

医療機関: AB美容外科医院
韓国ソウル瑞草区瑞草大路77ギル17 BLOCK77ビル3~4階(2号線、新盆唐線江南駅10番出口)
事業者登録番号: 542-40-00868 TEL : 02-512-1288 直通電話 : +82. 10-2833-1298メール: abprsjp@gmail.com