before
before
before

*AB美容外科のリアルモデル

  1. Home
  2. 男性の鼻整形

男性の鼻整形

男性の鼻は無条件に高い鼻よりは顔の長さに合う比率を見つけることと、鼻の曲がり具合、そして鼻の幅を考慮してはっきりと男らしい鼻にデザインします。

男性の鼻ライン?

女性に比べて眉間から鼻先まで下がってくるラインが直線型であることが理想です。直線ラインではっきりとしたラインが完成すれば、より好感の持てる印象を完成します。

banner
直線にまっすぐ伸びた男性の鼻ラインの魅力を見つけます。

男性の鼻整形

直線にまっすぐ伸びた男性の鼻ラインの魅力を見つけます。

手術情報

男性の鼻整形

こんな方にオススメ
  1. 1. 鼻が全体的に低い場合.
  2. 2. 直線にまっすぐ伸びた鼻のラインを望む場合.
  3. 3. 鼻筋が低くのっぺりとした印象を与える場合.
  4. 4. 平面的な鼻で立体感がない場合.
手術時間
:
約1~2時間
麻酔方法
:
睡眠麻酔
入院治療
:
不要
抜糸
:
7~14日後
通院治療
:
2~3回
回復期間
:
2週間

男性の鼻整形の手術方法

AB美容外科の男性の鼻整形の手術方法についてご説明します。

低い鼻

鼻筋にシリコンプロテーゼを挿入し、鼻先に自家軟骨などの組織を埋めてすっきりと伸びた直線鼻を作ります。

AB Plastic Surgery

手術前

AB Plastic Surgery

シリコン、自家軟骨などを挿入

AB Plastic Surgery

手術後

わし鼻

突き出た部分(ハンプ)を削った後、両側の鼻筋を骨斬りし、鼻筋をスリムに寄せます。次に鼻筋が鼻先に比べて低く見えたら、自家軟骨やプロテーゼを用いて鼻筋を高くします。

AB Plastic Surgery

手術前

AB Plastic Surgery

ハンプ部位を削るか骨切り

AB Plastic Surgery

鼻筋や鼻先にプロテーゼを挿入

AB Plastic Surgery

手術後

団子鼻

患者さんのケースに応じて、鼻先軟骨術および小鼻縮小を並行し、顔全体と調和する最適な鼻を作ります。

鼻先の軟骨が広がっている場合

広がっている鼻先の軟骨は寄せ、鼻先に軟骨をのせると鼻先は高くスリムな形に改善されます。

AB Plastic Surgery

手術前

AB Plastic Surgery

翼軟骨を寄せて縛り、追加で軟骨を挿入

鼻先の皮下組織が厚い場合

鼻先の皮膚や皮下組織が厚い場合は、適度に除去した上で鼻先を高めて鼻先をスリムに改善させます。

AB Plastic Surgery

手術前

AB Plastic Surgery

鼻先の皮下組織を除去

男性の整形症例写真

AB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic SurgeryAB Plastic Surgery
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage
bannerImage

手術部位

男性の目の整形[非切開目つき矯正/目尻切開/垂れ目形成]4か月後

の安全システム

多様な安全管理体系の構築を通じて、
患者さんはより安全に手術を受けることができます。

SafetyImage

麻酔痛症医学科専門医が常駐

麻酔科専門医が手術中に患者さんをリアルタイムでモニタリングし、中央モニタリングシステムを通じて二度、三度チェックを行います。.

SafetyImage

麻酔中のリアルタイムモニタリング

手術前、中、後など手術の全過程を専任麻酔科専門医と一緒にリアルタイムで管理します。

SafetyImage

手術前の安心検診

安全な手術のために病院内の検査システムを構築しました。これにより、総合的な手術前検査を行うことができます。

SafetyImage

大学病院レベルの安全装備

様々な安全管理システムによって、患者さんが安心して手術を受けられるようにしています。

診療時間
  • 平日AM 10:00 ~ PM 7:00
  • 土曜日AM 10:00 ~ PM 5:00
  • 夜間AM 10:00 ~ PM 09:00 (金曜日)

*日曜日と祝日は休診です。

直通電話

+82. 10.2833.1298

AB美容外科韓国

医療機関: AB美容外科医院
韓国ソウル瑞草区瑞草大路77ギル17 BLOCK77ビル3~4階(2号線、新盆唐線江南駅10番出口)
事業者登録番号: 542-40-00868 TEL : 02-512-1288 直通電話 : +82. 10-2833-1298メール: abprsjp@gmail.com